廃棄物処理場

メンヘラクソブログ。

広告対策  

category: 日記

tb: --   cm: 0

雑記  

誰も見ていませんが久しぶりの更新です。

最近は特に何をするでもなく毎日を消費しています。
セイクリッド組みました。

ARC-V 64話のネタバレを含みます。



遊☆戯☆王ARC-Vの話。
シンクロ次元、毎週毎週楽しみでたまりません。
ゴヨウに関してはガーディアンも帰ってきてないのにあんなに強化してどうかと思いますけど。

今週はいよいよ遊矢VSジャック・アトラスでした。
ジャックのデッキもテーマ化されてしまったかといった感じですが。

さて、遊矢はジャックに敗北してしまいました。
勝てないだろうな、とは思ってたんですけどあそこまで掌の上で転がされるとは思わなかったです。

今回のジャックの「お前のデュエルは独りよがりに過ぎない。」というセリフに関して思うところがありました。
まぁ確かに今回の遊矢のデュエルはエンタメでも何でもなかったわけですけれども。
実況とかを見てみると、
「やっと煽りフェイズを指摘されたか」とか「ジャックがエンタメの師匠になってくれるか」とか「遊矢のエンタメデュエルは相手の協力が必要」などといった感想がありました。
僕はこれに関しては少し違うのではないか、と思います。

それはジャックの対戦相手が「生け贄」と呼ばれている点についてです。
ジャックの"エンターテイメントデュエル"は観客を楽しませるためのものである、と取れます。
実際観客は盛り上がっていましたが、遊矢は不安やジャックに煽られたということもあり全然楽しめていなかったようです。
この時点で遊矢の未熟さ、余裕のなさが出ています。

一方遊矢の目指す"エンタメデュエル"はまだまだ未熟ですがジャックのデュエルとは違うと考えます。
遊矢のエンタメデュエルは遊勝譲りというか遊勝を目標としているものですが、これはみんなを笑顔にするデュエルです。
この"みんな"の中には対戦相手も含まれます。
このエンタメデュエルがよくできていた最近のデュエルは長次郎戦かと思います。
デュエルでどんな相手でも自分のペースに巻き込み、乗せて、盛り上げて、笑顔にする。そして周囲の観客も盛り上げる。
上記全ての要素が重要なんだと考えます。
実際長次郎戦は見ててすごく盛り上がりました。
失敗したのはセキュリティ包囲網の回ですかね。

これらのことからジャックが遊矢のエンタメデュエルの師匠になる、というのは考えにくいです。

遊矢のエンタメデュエルには相手の協力が必要だという点についても上で述べたように、
「協力してもらう」のではなく「相手も含めて盛り上げる」ものだと思うので違うと思いますね。
ネオ・ニュー・沢渡戦は互いにエンタメを志す者同士であって、互いに盛り上げ高め合うことができる存在だったということです。

でもまぁ遊矢が成長とリセットの繰り返しをしているような気がしないでもないです。
あとそろそろ強敵に勝つなり一矢報いるなりしてほしいですね。
当面は打倒ジャックかな。
社長との再戦は遊矢も4つの召喚法を使えるようになってからでしょうか。
今のところエンタメに関しても完全にデニスに負けてます。

ここまでゴチャゴチャ書きましたが所詮一視聴者の感想でしかないので、何の確証もありません(逃げ)
デュエル中のジャックの笑みの事もありますし、遊矢にあえて厳しく言ってるのかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

ところでジャックがキングになったのも、融合次元によるエクシーズ次元侵略も、社長が社長になったのも、遊勝が行方不明になったのもすべて3年前なんですが何か関係があるのでしょうかね?
あと議長の「勝ち続けている間は」というセリフとジャックが王座を守り続けていることも関係がありそうな気がします。



先日シンフォギアの1期2期一挙放送を見ました。
やはりいいですね.....(特に1期)
GXはどうなるんでしょう。Gの時点で少し「これはどうなんだろう」と思う部分があったんですけど。

とりあえず『手紙』書かなきゃ....(使命感)

category: 日記

tb: --   cm: 0

『蟲師 特別編 鈴の雫』を観ました。  

s-CFIDzMYUsAE-3tw.jpg
s-CFI1LHIVAAA2GhY.jpg
観てきました。

21時ごろからの上映分でした。
時間が時間なので人は少なく、静かに落ち着いてみることができました。
蟲師は静かにみたいですしね。

追記にて『鈴の雫』の感想と作品全体の感想を記したいと思います。
誰もこのブログを見ていないことなどはわかっているのですが、やはりどこかに自分を書き留めておきたいと思うので。
見てから1週間ほどたっているので新鮮な感想というわけにはいきませんが。

文章力がないので伝わらないことも多いですが、一応ネタバレはありますので注意です。
-- 続きを読む --

category: 日記

tb: --   cm: 0

4月になりました。  

ずいぶんと放置していました。
4月になり、新学期や新生活が始まりましたね。
僕はどうすればいいのでしょうか。わかりません。
放置している間に何かがあったかというと特に何もなく、休みをだらだらと過ごしておりました。
一応MT取りました。



4月には第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇がいよいよ発売されました。
s-CBkDUrPUgAEdFwO.jpg
New 3DS専用 ゼノブレイドも買いました)

今はクリアまであと十数話といったところでしょうか。
2008年に発売されたスーパーロボット大戦Zから約6年半…いよいよ完結です。
個人的には第2次Zが一番ワクワクしました。(特に再世編)

個人的にストーリーに関しては時獄篇でアクシズ落としの話以外に響くものが特になかったのですが、
またその辺の話はおいおいということで。

戦闘アニメについてですが、時獄篇のときにさんざん言われてたようにフルメタ系(味方)とサザビーがイマイチに感じます。
フルメタ系はもう時獄篇で散々言われているのであまり期待はしていませんでした……というのは嘘で、
やはり原作版で参戦し、レーバテインが動くということで結構期待をしていました。
まぁ他が良すぎるのかもしれませんがレーバテインもあまり良いとはいえません。
携帯機じゃあるまいし最大技でほかの技の使いまわしをされるとガッカリします。ガッカリウルズです。
XL-3緊急展開ブースターに関してはスピード感も何もないです。
リアルカットインはかっこいいです。

ファルケは追加武装があるのですが、なんか動きと構えがギャグにしか見えないです。
完全に主観の問題なんですが。

ストーリーは『ずっとスタンド・バイ・ミー』までちゃんとあります。
が、なんかいまいち感動しないというか、やっぱりキャラ絵がバストアップじゃないからでしょうか。
全部やりきってしまったので今後参戦してくれるのか不安ではあります。

ゲイツもやっと倒すんですが、はっきり言ってここまで生き残らせた意味は特に感じられませんでした。

サザビーは””オールレンジアタック””が追加され、伝統の駄々っ子斬りを披露しますが、カクカクです。


文句?ばかり言ってきましたが、やはり完結編。デスティニーの追加武装など、燃える要素もいろいろあります。
セツコランドクロウの3人もしっかり参戦してくれています。
上にも書いたように第2次Zに思い入れがあり、そのためかクロウのBGMが流れるだけでワクワクします。
『THE UNBREAKABLE』が流れると最早クライマックスといった感じです。
ネタバレになってしまいますが、確認しただけでもデンゼル、トビー、ツィーネ、マルグリット、シオニー、ガイオウも登場します。
そうそう、AGの声は平川大輔氏でした。
そういえばZシリーズに平川大輔氏が声を当てたキャラがいたような……?

ジェニオンも強くて、強化後は最強の一角です。

個人的に今作ではバルビエルやストラウスのBGMが好きです。
ただアン・アーレスのMAP兵器の効果音がダサすぎる……



実は以外にもまだ遊戯王を続けておりまして、先日公認で初戦敗退しました。ありがとうございました。
しかし大丈夫。
目当ては参加賞のプロモーションパックです。

そして無事、目当ての<<たつのこ>>を当てました。
s-CCJYQSzUoAE9C1o.jpg
<<銅鑼ドラゴン>>は友人にもらいました。フレーバーテキストがおもしろいので好きです。

いまたつのこの相場はだいたい2000円くらいだそうですね。
今月末あたりに値下がりするでしょうか。

<<幽鬼うさぎ>>の2枚目が欲しいところです。

category: 日記

tb: --   cm: 2

ゲーム『エスカ&ロジーのアトリエ Plus ~黄昏の空の錬金術士~』の話  

1月22日に発売されました、PS Vita用ソフト 『エスカ&ロジーのアトリエ Plus ~黄昏の空の錬金術士~をクリアしました。

gdfhjgkh300_.jpg
あらすじ
ここは、何度目かの黄昏を迎え、徐々に終わりの時を迎えつつある世界。
その世界に存在する、「黄昏の大地」の遙か西方にある、
かつて錬金術で繁栄した国家が存在した地方。
そこでは、いつか訪れる「黄昏の終わり」の到来を回避するため、
人々は失われた錬金術の技術の発見と再生に力を注いでいた。
再生された前時代の技術は、「中央」と呼ばれる錬金術の研究都市に結集され、
進行する黄昏を阻止するための利用方法が研究されている。
主人公は中央から配属された錬金術を研究している青年と、
この辺境の小さな街に暮らしている少女の二人。

少女の名はエスカ。
人々の役に立ちたくて、自前の古い錬金術の知識を使い
頑張っているうちに、開発班に配属されることになった。

青年の名はロジー。
中央で最新の錬金術を学んでいた彼は、その力を役立てるために
人手不足の地方の街への転属を願い、
配属先の開発班でエスカと出会うことになる。
二人は錬金術の力を駆使し協力して開発班をもり立てていこうと約束する。

引用:公式サイト



アトリエシリーズの中でも15作目、黄昏シリーズ3部作の内の2作目です。(大地・空・海の空です。)
1作目はアーシャ、3作目はシャリーです。

ブログには書いていませんがアーシャもクリアしています。シャリーは未プレイです。

もともとPS3で出ていたものですが、Vitaで出すにあたってPS3版のDLCのほか、操作キャラやイベントが少し追加されています。
所謂完全版商法ですね。あまり好ましいものではありません。

攻略サイトとかも見ずにやりまして、3周して総プレイ時間が92時間44分です。

普段はストーリーを楽しんであまりトロフィーは集めないんですが、今回は全部集めてみました。
B9kPT9DCMAA0oj4.jpg
上の6%という数字でもわかると思いますが本当に普段はトロフィーを集めません。
やりこみ要素とかは結構やるんですけどねぇ....どれもトロフィーには関係ないようで。
ランダムで流れる戦闘ナビボイスの聞いた数なんてアホらしくてやってられませんからね。
そういった点ではこのゲームはトロフィーも比較的集めやすいと思います。

細かい感想などはネタバレを含みますので追記の方に書きます。

そういえばエスカトロジーはキリスト教神学では「終末論。世界の窮極的破滅、最後の審判、人類の復活など人間と世界の終末についての思想。」を意味するそうです。
-- 続きを読む --

category: 日記

tb: --   cm: 2

アッ!!!  

ゲーム楽しい!!!(ゲームをやめた時現実に引き戻されてひどく不安になる。)

category: 日記

tb: --   cm: 0

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を観ました。  

sDSCN2042.jpg
観てきました。

とても面白かったです。これは2期は別に見てなくてもいいかな?と思いました。
感想はネタバレを多く含みますので追記から。
う~ん、ぼっちんこ!(ワラ

ついでにふなっしーが来ていたので見ました。


-- 続きを読む --

category: 日記

tb: --   cm: 0

初心者の初心者初心者した初心者的話。  

遊戯王を初めて数か月が経ちまして。
全然勝てないですが作ったデッキの話をしようと思います。
初心者なんで優しく見てやってください。



HERO
sヒーロー
『HERO's STRIKE』のM・HEROを中心に展開していきます。誰でも簡単に回せます。
ダーク・ロウの除外効果頼りです。ZEROアシッドも強いです。
さすがに環境に入っているだけあり、かなりミラーマッチも多いです。
そうなると相手の超融合でこちらのフィールドだけで融合されたりするので厳しいです。
サイドは完全に影霊衣メタです。



エアー・ネオス
sネオス
エアー・ネオスを使ったワンキルデッキです。勝てません。
アライブ(LP半分コスト)→エアーマン特殊→プリズマーサーチ、通常→ハミング落とし→エクシーズチェイン→ネオス落とし→ミラコンという流れです。
チェインは挟まなくても良い場合がありますが、エアー・ネオス7500(自分LP:相手LP=4000:8000)+チェインorその他モンスターとなります。
どうしようもなくなったらモグラのバウンスで粘るしかないです。



マドルチェ
sマドルチェ
マドルチェは強いんですが、まだ全然練習してないのでうまく回せません。



霊獣
s霊獣
トライブ・フォースで登場した新カテゴリです。除外を肥やします。
精霊獣騎カンナホークの効果がかなり面倒ですが、これをメインにおっさんを乗せたり降ろしたりして戦います。
基本的に打点が足りませんが、結構強いです。うまく回せません。



霊使い
s霊使い
新カードの<<憑依解放>>頼りのデッキです。普通に良く回りますが、あと一押しが足りないのでガンマンが欲しいところです。
そのガンマンが高いんですが。

○<<憑依解放>>の効果で打点アップした憑依装着で殴る、リリーで殴る。
使い魔特殊からランク4エクシーズ。
○霊使いセット→憑依解放→DNA移植で相手モンスターのコントロール奪取。

だいたいこの3通りの方法で戦います。



初心者の簡単なデッキですが、それなりに楽しくやっています。
ガチ勢の「んんwこのカードを入れるのはありえないw」とかそういったことはあまり気にしていません。
あくまで好きに楽しみたいので。

しかしダークリベリオン、強いですね。

宝玉獣とシンクロンエクストリームがだいたい揃っているので次はその2つを組みたいと思います。
宝玉獣は新カードで専用サポートペンデュラムが出ましたね。

category: 日記

tb: --   cm: 0

師走。  

12月に突入し、いよいよ僕の住んでいる地域も本格的な寒さになりました。
今年もあと1ヶ月ですね....

師走ということで、誰得ではありますが自分の1年を振り返ってみます。

今年は大学受験の失敗に始まり、後悔に終わった1年でした。
毎日毎日嫌な思いをしています。
これと同レベル、もしくはそれ以上の嫌なことが毎日これから何十年も続くと考えると生きるのも嫌になるというものです。

僕は夏休み前にはサークルにも行かなくなり、友達もできず、独りで毎日を過ごしています。
ツイッターには毎日浮上しています。
最近(ここ半年ちょっと前)からは鬱ツイといいますか、そういったものを極力減らすようにしてきました。
フォロワーの皆さんが出来ていると判断しているかどうかはわかりませんが。

何故そういったことをしているかというと、やはりフォロワーを不快にさせることが多くなるからです。
はっきり言って僕のツイートは攻撃的で、「○○はクソ」とかそういうことばかり言っています。
その攻撃的なツイートもたいがい人を不快にさせていると思いますが、鬱ツイは伝播する性質があると思っています。
なので減らしています。
このブログでも何度か言っていました「発散の場」を失くすことで何か影響が出るかと思いましたが、特にありませんでした。
今までもそれなりに言葉は選んでツイートしていたつもりです(下ネタとかは大目に見てくださいね)
だから特に変化もなかったのかもしれません。

つまり今までも「発散の場」なんかではなかったということです。依存度の問題ですね。
これに気付くまでにかなり時間が掛ってしまいました。情けない話です。

言葉を選ぶというのは普段独りで、人に気を遣わない僕にとってなかなかに難しいことで、自分の幼さを実感しました。
社会を知らないというものです。
無難なことを言おうとするとどうにもアスペ的返信だったり淡白なリプしか送れなくなってしまう面があります。
敬語もうまく使えません。自分の教養のなさがうかがえます。

「ツイッターでまで人に気を遣うなんて~」というツイートや人をしばしば見かけます。
しかしSNSという言葉が表すように、ツイッターも一つのコミュニティを形成するものであるので、
顔は見えないにしても気を遣うのはある意味当然だとも言えます。
社会の中で全く気を遣わない人なんていませんし、そんなことでは人間関係も成立しませんよね。

究極的な話をすると負の感情もため込むしかない、ということになってしまうかもしれません。
そこはお互いに信頼している友人間で共有するなどの方法をとるべきですね。
僕には友人がいませんが。

category: 日記

tb: --   cm: 0

2014秋アニメ。  

ある程度見たので感想を書こうと思います。
完全に好き嫌いで書いているので不快に思われる方もいるかもしれません。
感受性がクソな上に小並感なので読んでも全く面白くない感想になっています。
-- 続きを読む --

category: 日記

tb: --   cm: 0

ID

月別表示

カテゴリ

QRコード

RSSリンク

検索